当サイトの人気盗撮動画

当サイトにご応募頂いたエッチな体験談をご紹介します!

おすすめのエッチな体験談

エッチな体験談

職場の部下とセフレ以上恋人未満の関係【上司と部下のいけない関係】

出勤途中の話です。いつも同じ電車に乗っていて、車両も同じでした。

とても混雑する時間帯で、その日もとても車内は混んでました。

 

電車に入りいつもと同じ場所に立って釣り革を持っていたところ、後ろに違和感を感じました。

腰やお尻あたりがモゾモゾ…痴漢でした。痴漢には何度もあったことがあったので、しばらく様子を見てました。

 

スカートの中に下から手を入れようとモゾモゾして少しずつ上に上げているようでした。

が、車内が急停車し、その痴漢男性もすぐに離して痴漢はなくなりました。

 

翌日も同じ時間の電車に乗りました。すると昨日と同じ痴漢でした。

 

スカートに手をモゾモゾと入れて私の太ももを触り始めました。

自分が降りる駅になると、すっと痴漢行動はなくなり、下車していきました。

 

翌日も同じ車両に乗りましたがあの痴漢男性はいませんでした。残念に感じた自分に気がつきました。

 

翌日、また同じ電車の車両にのりました。

 

少し痴漢に期待してしまっている自分がいました。

 

いつもと同じようにスカートがモゾモゾ…あ、いつもの男性だ!と触り方ですぐにわかりました。

 

そしてその日はパンティの中に手を入れてきました…「あぁ…だめ」心の中で呟きながらも体が欲しがっている自分に逆えずにいました。

 

すごく濡れていて、少しするといつもの男性の下車駅に。男性は下車していきました。

 

その日は一日中その男性のことを考えていて頭から離れませんでした。

翌日また出会えるかな…私の気持ちはそんなふうに変わっていました。

いつも履くパンティを少し面積の小さなパンティにしてみました。

 

その日男性はパンティの横から手を入れるのではなく、パンティを下げてきました。

男性のオチンチンもお尻にぶつかっていて大きくなっているのがわかりました。

 

手だけでいってしまいそうになるくらい上手で動かないようにしなきゃと思っていました。

 

すると男性の下車駅になりましたが、その日男性は下車しませんでした。

 

私のアソコにオチンチンを少しだけ入れようと触ってきました。私はいいよ、と合図をしました。

すると男性はもう少し近づき私の中に入ってきました。

 

私はこんな場所でイヤらしい…誰かに気づかれたら…と思いながらも欲しがっている自分が止められずそのまま電車内でのセックスに…

男性はとても優しくて何度もゆっくりしてくれました。

 

大きな駅に着く少し前で私達はお互いの下着を身につけてセックスは終わりました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事