当サイトの人気盗撮動画

当サイトにご応募頂いたエッチな体験談をご紹介します!

おすすめのエッチな体験談

エッチな体験談

職場の部下とセフレ以上恋人未満の関係【上司と部下のいけない関係】

僕は男:女の比率が1:9の大学に通っていたこともあり女友達と気軽に旅行に行ったりしていました。
その時も僕と綾香ともう一人女子の3人で温泉に行く予定だったのですが、一人がドタキャンになり意図せず僕と綾香二人っきりで温泉旅館に泊まることになりました。

旅館にチェックインすると、当然ながら僕たち二人をカップルと認識したスタッフが気を利かせてくれて、「今日は露天風呂付のお部屋に空きがありますのでグレードアップいたしますね。」と言ってくれました。

旅行には何度も行ったことあるとはいえ流石に露天風呂付客室は初ですが、綾香は意外に「ラッキーだったね、じゃあ私先に入るね!」とついたての向こうでさっさと服を脱いで外の温泉に入ってしまいました。
「景色もいいよ~。」「このお茶菓子も上手いぞ~。」と露天風呂に入っている綾香と部屋でくつろぐ僕でしばらく会話をしていましたが、僕が覗こうと思えばガラス越しに簡単に覗けてしまうシチュエーションです。実際髪を洗う明日香の肩や腰の肌はチラチラ見てしまっていました。

僕は冗談めかした「ねえ綾香まだ~?俺も早く露天風呂入りたいよ!早くしないとそっち行くぞ!」と声を掛けてみました。
いつもの綾香なら(ばか、何言ってんの!上がるから待ってよ!)と返ってくるはずでしたが、「ん~ご自由に~。」でした。

僕は躊躇しながらも服を脱ぎ、ギンギンになったちんこをタオルで隠して綾香の隣に入浴しました。手を伸ばせば届く距離で薄く濁ったお湯の中で綾香が軽く股と胸だけ隠しているのがわかります。

「なんか緊張してきた…。」「やっぱりこうなっちゃうよね…。」「俺たちのせいじゃないよな…。」「たまたまだよね…。」と会話しながらどちらからともなく手を伸ばしてお互いを肌にお湯の中で触れ合いました。

「のぼせてきちゃった…。」という綾香を強引に湯船のへりに座らせると僕は股を開かせていきなりクンニしました。

「だめ…そんな急にしないで…ああん!」

今まで一緒に遊んでいたけど手を出せなかった綾香の無防備な体を僕は弄び、そのまま二人身体も拭かずに露天風呂から上がり畳の上に綾香を寝かすと正常位で挿入して最後はお腹にぶっかけました。
そのあとでまた露天風呂に戻り精液を洗い流してあげた後で、もう一回ゆっくり露天風呂でなかよく入浴しましたが、そのあとで改めてお互い気恥ずかしさがこみ上げてきました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事